有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

雑木の庭、春は根を張る

下草が生えてきて、草を切りました。
草取りではなく、切ります。

なぜ草取りでなく、草切り?
苔が生えやすい土の環境が出来てきているから、土の形状をなるべく変えないようにする為です。本来なら、草も切らなくていいのでしょう。自然の生態が人の手によって害われてしまうから、なるべく手は入れずに観察、経過を見守ることです。

強い春風に大きく揺さぶられながら、根を張っていく。だから支柱は要らない。
根が動くことで、地中の微生物も活性化して木にも良い環境を作っていっている。

木とともに暮らすことは管理という「束縛」ではなく
自然界の決まりごとを知る、一歩なのかなぁ。

木々はオーケストラ奏者のようにあちらもこちらも芽吹き、今はシャクナゲとオンツツジがメイン奏者です。

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ