有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

本日のお客様

子どもの脳はすばらしいなぁ。

思考が柔らかい、という類ではない。
曖昧な世界に生きている。

父親とはドイツ語を話し、母親とは日本語を話し。
「ドイツ語と日本語を分けている」という意識は2歳半の彼には無い。

生きていくために、話している。

社長はその様子に、興味津々である。

日本とドイツ、どちらが主軸と決めずに生きている彼の日常は、
すでに地球全体を肌で感じとっているかもしれない。

軽羹を美味しそうに食べ、納豆を「まぜまぜ」して美味しそうに食べていた。
鯖の開きも、シシャモも頭からもりもり食べた。
鯉のぼりの歌を覚え、再びドイツへと戻る。

 

母国語以外の言葉も話せる、そういう環境も日常にほしい。

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ