有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

おいしいパンからはじまった

イオンタウン街区をすぎて、イオンシネマの方へと車を走らせると

とうとう宅地化された一帯がある。
その一部にガーデンレーン東という分譲地があるが、
そこに敷かれた道路はとても個人的な楽しげな道路となった。

その宅地分譲地一帯も、
ただいま造成工事中の店舗分譲用地街区も

すべてのはじまりは、おいしいパンからはじまった。

 

そこは『森のテラス』店舗用地として分譲を進めている。

森は樹木が日々成長していくことと同時に
立ち並ぶ店や関わる人々の成長を意味している。
テラスは、訪れる誰もが何かとつながり、心地よさの場であってほしい。

それは、蝉の鳴き声かもしれない、枯葉かもしれない、風かもしれない、
雲や高速道路の先に見える夕日かもしれない。

また、それと。
政治的町づくりや福祉といった「自分個人ではどうしようもない」ことを
事業として使命にかえ、やり続けるためにどこにその役割があるのだろうかと
かぎ分けている。

所有権が渡ってしまった後は、頑張りようがない。
中に和って入っても、持続にかける。

 

そこで、やはり雑木を植えることは、
人の心が休まる場として効果があると信じている。

 

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ