有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

やがて,心像風景となる

家々に囲まれた道路がこどもたちの広場として朝夕開かれていた。

道路に座り込んで子ども同士語りあっていたり
(学校での出来事とか、サンタのプレゼントとか・・・重要)
空想の刑事ごっこや、サバイバルごっこ、
家の前の道路は、家の中からつながる隣近所の庭になる。

庭は気軽で、気さくで、気ままだ。

今回、そういう道路の風景を描いて頂いた。

 

在りし日の瞬間をギュッと詰めあわせた絵になった。

夏休み前にもなると、夕方が長い。
公園で19時まで遊ぶのは母としてはNO!
でも、夕飯の支度が出来るまでの、ほんの間。
リフレッシュは、母子ともに。
父だって同じだ。

見た目は大人だけど、親としては子どもと同じ年齢だなって苦笑!

今を生きる同士が短パンとTシャツとスリッパで語り合える。
そういう場って、そうそうない。

そういう時間が、そう、ない。

そんな時間も子どもが育つ、あっという間に過ぎない。

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ