有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

京都を旅して

二条城や龍安寺など日本の文化を感じたこともさることながら、夜な夜な飲み歩いた居酒屋や静かなソウルの流れるバー等、はずれなし。
この居心地の好さはなんだろうと思いつつ、4日目京都駅で昼食をとる事になる。
行列の一番長い店に入る。そこでの事、隣のテーブルに乳飲み子を連れた家族が居て、中年女性の店員が、仕事を軽やかにこなしながら、その子をあやしている姿は自然でほほえましく、みていて心地いいものであった。
あの行列をテンポよく捌いていく手早さと乳飲み子の相手をするゆとりに、人をもてなす極みを思う。
案内していただいたタクシーの乗務員さんもそうであった。 お客におもねる事もなく心地よい距離間を保っていた。
千数百年 日本の都であったことをあらためて感じました。
おもてなしが日本人の歴史の表れかなと誇らしく思いつつ京都を後にした。

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ