有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

作品は人となり

「雑木林と8つの家」の、1戸が完成した。
この1戸のために古閑(グリーンライフ・コガ)さんは130本もの木々を連れてきていただいた。
そして高田(高田造園設計事務所)さんが隣の借景まで創った。
木々は、寒い冬をのりこえるために 多くが葉を落としています。
冬であればこその風景です。私は葉を落として、くる春を待つ風景が好きだ。

自然は、三月には必ず春を連れてくる。
木々は、新しい生命の芽吹きと、小鳥たちのさえずりと共に。
四月の新緑はすごいよと言う。
自然は人間と違って決して裏切らない。

庭師の高田さん古閑さんの人となりがすごいのは、自然を相手に仕事をしているからだと思う。
今回の雑木林プロジェクトは、その姿を一部現したばかりであるけれど、
お二人に出会えたことで、このプロジェクトは成功だ。
あの完成した清しい雑木の姿は、お二人の心根のありようだ。

道行く人が、立ちどまり 男は、腕をくみ黙って頷く、女性は胸に手をあて 「素敵」とつぶやく。
雑木の庭が商品を超えて、「作品」になった瞬間である。
造り人の精神性の高さが技術を超え、人を感動させる。

開発事業を始めて38年の時が流れた。平成18年の国分の「四季の丘」以来、
商品と言う枠をを超え、作品と呼べる物を創り、望む人に届けたいと願ってきた。
今回のプロジェクトで高田さんと古閑さんに出会い、この実現に大きな一歩を踏み出せたと思います。

プロジェクトの正否は「人」で決まる。人との出会いは、プロジェクトの醍醐味であり、
つくづく「作品は人となりが創る」と教えられた。
あらためて高田さん、古閑さんと8人の職人さん達に感謝します。

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ