NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

宅地とは生活環境

私達は、生活をしていて、「心地いい」「安心だ」と思えるのは、
一戸の住宅だけではなく、
それを取り巻く生活環境の影響が大きいと思います。

良好な生活環境とは、
近くに小学校、買い物、病院、駅などが近く、
日当りがよく静かな場所、
これらのことを物的環境として、従来の不動産価格付けの必須条件だと思います。

私達は、目に見える価値を備えることであまんづることなく、
見えない非物的環境こそ大切にします。

非物的環境の中でも最も大切にしていることは、隣人関係です。

道や回転広場を規定以上に造ったり、植栽をしているのは、
人間関係の潤滑油です。

広場や公園が、子供たちの成長していくツールとして生かされていくものと思います。

このたびの、「なぎさ分譲地」もこの流れの中にあります。

イオン隣のテナント用地には、素敵なパン屋さんが決まり、
「食卓の前の風景、人との関係、、そのすべてをまるごと味わって美味しい!と感じてほしい」
と日々切磋琢磨されている食べ物屋さんが複数軒、
そしてふだんの日常に楽しく音を届けたいと
望んでいる方など、など、来られています。

姶良でこんな方々と共にまちの創造ができれば、
新しい食文化、音楽文化、そしてこれが人は最期までその人らしく生きることが出来る
ふくし(福祉については、またの機会に話すとして・・)の種子になりそうな予感がしています。

実現して、この方たちの心を届けます。

最初のつもりが最後になりましたが、
なぎさ分譲地の地主の方の言葉を胸に
叩き込み忘れないようにしたいとしたいと思います。

「ここは私の土地だったのよ、と誇れるような宅地にしてくださいね」。

はい。かしこまりました。

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ

有限会社姶良土地開発

生活景を創造する