有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

ネット担当の秀一君がダウンして、ブログを強要する人がいないのをいいことに、かなりさぼりました。

真夜中に目が覚め寝付かれず、東山魁夷の画集をひらく。

「京都の姿、とどめおかまし」

ノーベル賞作家の川端康成が、画家の東山魁夷の画集「京洛四季」に寄せられた序文の一節である。

失われてゆく古都の美しさを、描き残して欲しいと願う、川端康成の気持ちの強さが伺われる11文字である。

東山魁夷 「京都はもう七年前から描き続けて、川端先生のお勧めがずいぶんと励みになりました。

私の制作の方法は、どこか一つの土地に心を集中し、それに何年かをかける事が多い。・・・・・・・・・・

それぞれの時々に浮かんできた “心の声” に誘われて選んだ土地なんですよ」

河北倫明評、「青みを帯びた色彩は、一見クールだが、どこかにロマンチックな雰囲気が漂ってあたたかい感じが・・

・・・・知と情の配分をバランスよく・・・・・」

 

「年暮るる」夜の 京都の民家の屋根やねの風景、 除夜の鐘が聞こえてきそうな 切なさと

窓の明かりが、家族のぬくもりを感じさせる。こころやすらぐ 好きな一枚だ。

絵心などない私でさえ様々な事を思える、すごいなと思う。

 

磨き抜かれた深い知性と情により “観る” ということなのか・・・・・。

 

比ぶべくもないが、知を深める事もなく、年月を積み重ねてきたけれど

今 学んでいることは、少しずつではあるが真実に近づいていると思う。

 

土地や家の何が人々にやすらぎや豊かさをもたらすのか、

自分なりの得心いく ものが、つかめそうな感じだ。

 

雑木の伝道者(勝手にネーミング)高田宏臣さん、古閑勝憲さんとそのスタッフ、

若手建築家の方々と学びあい、

価値観の大転換期に応えるべく、暮らしの提案を具現していきたい。

 

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ