有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

思い思いの時間を過ごす

ドイツ、フランス、スイス、

どこの小さな集落を訪れても、大なり、小なりの広場があった。

 

その昔、そこには泉があった場が、今では週末パンを焼く為の石窯になっていたり。
暮らしの芸術や文化が生まれる、ゆりかごの様な存在としての空間。

 

道路が広場に通じ、どこかでか、車はシャットされ、
だれもが思い思いの一時を、過ごしている。

私たちはそういう広場や道路を計画し実行します。
やがて、住んだ方々で自分達の小さな集落として機能出来るよう、
お伝えした上で売買しております。

姶良市へ移管した道路や公園(共有持分のある私道ではなく市道、公園)ですが
日常の生活がグ~ンとのびのびとした風景になります。

意識とか認識の度合いなんでしょうけど。

 

 

ここはフランスのアルザス地方の路地。
カフェレストランとホテルの裏口が融合している空間。

 

住宅地の境界も、ブロック塀や、外柵の無駄を省けば、路地裏の空間にもなる。

毎日テーブルは出さなくても、気候のいいときは、
家族のカフェをセッティングしても、いいくらい。

お隣さんはいつも顔合わせる友人みたいな感覚ですから。
なじみの常連さんがいるカフェになる。

 

お隣さんは、よき協力者であり、よき隣人です。

 

そういう日常の雰囲気は
自社分譲した「姶良駅ひがし」や「雑木林と8つの家」「みどりの道広場」等を
歩いて見てみたり、そこに住むご家族にお話を聞いてみられるといいと思います。

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ