有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

自然農で自然体

『みのりの家』で蕎麦の実、収穫。

冬の陽射しもこんなに暑いのかぁ

機械でする工程を自然農「みのりの家」では身体をつかって、楽しむ。

冷たい風が丁度いい。

蕎麦の実だけを叩いて落とし、残りのわらは灰にする。

ちまきを作るときは蕎麦の灰が一番美味しいって、90歳近い母の教え。

囲炉裏小屋では釜飯を炊いたり、

この畑の野菜の味噌汁にお湯を沸かしたりと、

火を分ければ4つも5つも料理が出来、灰の中に芋などをいれても良し。

煙のすすは家屋の防虫になる。

「無駄なものが何一つない」と真剣に話して下さった。

火加減は風で調整。

手間を楽しむ農は、すっかり身体がゼロになる。

ゼロのからだが充たされてゆく。

ただ美味しい、その嬉しさを知る。

いただいたのは、火や風、土、水の自然エネルギー。

気づかせて下さって、有難う。

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ