有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

あけましておめでとうございます。
お正月が来たからと言っても、さまざまな状況は変わるはずはないし、
「冥土への一里塚」と言った人もいるけれど、
俗人の私は、こころ新たにして たのしむ。

姶良市の蒲生町にフォンタナの丘という 田舎の風景の中に
温泉施設がオープンした。
露天風呂から見上げる、雲一つない澄み切った青空。
冬の静けさにつつまれて、こころ洗われる。
「風景はこころの祈りである」という、

青空を見ていて、自由でありたいと思った。
私もそうであるが、多くのひとは社会的な存在であり、社会的な要求に応えてこそ生活できる。
だから時々でいいかな、社会的な事から離れてこころを解き放ち、
外側の欲望を抑え、内なる声を聴き、自足の思いを大切にして、
状況の変化や難しい局面にあっても 「そうか」 と受け、
知恵を出し、出た結果には 「それでいい」 と受け入れて、
ひとときでも静かな時を愉しもう

正月2日の青空に諭されて

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ