有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

雨は土地の記憶を蘇らせる

雨は嫌いじゃない、どちらかというと雨の日バンザイ。

窓の雨雫が流れていく模様

土に染み込んでいく雨音

部屋の中で護られている安心感

でも大雨長雨で川の氾濫、地盤の陥没、土砂災害の危険が増してきます。

姶良土地開発では雨の日の見回りをしております。 分譲地の土流れや、宅地の排水状況。 雨の日だからこそ土地の欠点が露わに出てくるのです!

見回りしておりますと、現在お住まいのM様が声をかけて来られました。 「浄化槽周りの土が30cm程、窪んでいるのですが・・・」

平成20年に分譲し、まだ新築して1年満たない家です。
早速、当分譲地を造成工事した建設業者の方にも現地を見て判断して頂きました。 そうしたところ、その家の周辺は問題ないので、浄化槽設置工事をされた後、土埋め戻しの際、地固めが足りなかったのでは?という判断です。

お住まいのお客様にもその旨お伝えし、浄化槽設置をされた業者様に連絡を取って頂くことになりました。 また後日ご様子を伺いに参りたいと思います。

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ