NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

今こそ問われる遊び場の価値。遊べる分譲地「GardenLaneたてまさ」の魅力

みなさんこんにちわ。「GardenLaneたてまさ」フィールドマネージャーのノビトワークス原田です。

新型コロナウイルスによって、学校がお休みになったり、外出が制限されたり、今とても生きづらい世の中になっていることは言うまでもありません。

そんな中、今年もゴールデンウィークが間近に迫っています。

子どもたちと一緒にどうやって過ごそうか?

こんな時だからこそ、”身近な遊び場”が非常に重要な価値を持っていると思いますが、GardenLaneたてまさには幸いにして多くの遊び場があります。

今こそ問われる遊び場の価値

新型コロナウイルスの影響で、レジャー施設が休みになり、体育館やプールなどの運動施設も休館、外出や移動自粛により遠出して遊びに行くこともしにくくなりました。

「娯楽」を奪われた私たちは今、何ができるのでしょう?

GWに家族みんながお休みになって、いつもならワクワクするはずが、今年はどうなるのでしょう?

こんな時に、もし地域に魅力的な公園があれば、外でカラダを使って遊べます。

もし、原っぱがあれば走り回って遊べます。

畑があれば、土に触れながら夏野菜の準備が出来る。

森があれば、焚き火も出来るし、キャンプも出来る。

遊びは無限大に広がります。

今この瞬間に、遊び場を持っている人は、世間的に失われているはずの「娯楽」をこれまでの暮らしと変わらず持っています。

今こそまさに、遊び場の価値が問われているのではないでしょうか?

GardenLaneたてまさの”遊び場”

森と暮らす分譲地「GardenLaneたてまさ」には、たくさんの遊び場があります。子どもも大人も自分の家のすぐ近くで思いっきり遊べるんです。

子どもの遊び場としての”みち”

GardenLaneたてまさをはじめとする、姶良土地開発の分譲地は通常の土地開発基準よりも広々とみちの幅をとっています。

そうすることで、一般の車が通らない道路を、 子どもたちがのびのびと無邪気に遊べる 「ゆとり空間」にすることができます。

子どもたちは、 ご近所の目を気にせずに、 家の目の前の道で悠々と遊ぶことが許されています。

遊べる・憩えるガーデンレーン公園

分譲地の真ん中には、公園もあります。

雲梯や、ボルダリングウォールなど子どもたちの健全な発育発達に必要な「握る力」が育てられる遊具も設置してあります。

バリアフリーのスロープになっている入り口や、ベンチも設置してあるので、おじいちゃんおばあちゃんがお孫さんを見守ることもできます。

野遊び、スポーツ、BBQ、キャンプ、無限大の遊び場「山すそ広場」

そして、なんと言っても「山すそ広場」

虫を捕まえたり、木登りしたり、探検したり、野遊びし放題。

簡単なスポーツだって、出来ると思います。

家族でバーベキューしたり、キャンプだってできてしまいます。

家から徒歩1分でこの無限大の遊び場があるのが最大の魅力です。

まとめ

間近に迫ったゴールデンウィーク。家族で何をして過ごそうか悩んでいると思います。今こそ”身近な遊び場”に大きな価値があります。

広々とした道、憩いの公園、そして遊び放題の森

森と暮らす分譲地「GardenLaneたてまさ」は”遊べる分譲地”として、もしかしたら今こそ最大の魅力を持っているのかもしれません。

【情報発信】

姶良土地開発のFacebookページでも「GardenLaneたてまさ」のリアルタイムな情報を公開しています。
姶良土地開発Facebook

フィールドマネージャー原田やノビトワークスの活動については、原田のブログを御覧ください。
はらだひかるブログ | ノビトワークス

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ

有限会社姶良土地開発

生活景を創造する