有限会社姶良土地開発

生活景を創造する

NEWS / BLOGお知らせ・スタッフブログ

イベントは出会い

イベントは、これが2回目でした。

今回はサクラ島大学さんがコーディネイトして下さって“これからの「暮らし方」を建築家と思い描く”勉強会でした。

 

あちらこちらから来て下さった皆さまへ

行き届かないところもあったのでは、と後から反省します。一度に伝えきれない事も沢山あり、お互いに。人と人の出会いをとおして、内なる自分との出会いになって頂けたらなぁ、と建築家共々、思っております。また今回出席出来なかった女性建築家の大平さんにつきましても、「家+土地=3000万円未来計画」を募集しております。

本当に案外、遠い所から姶良に足を運んでくださって、有難うございます。
 また、当日ご都合が合わなかった方々、またお会いいたしましょう!

 

「姶良」のもてなしプレートを囲んでワーク中

 

☆有機野菜れすとらんやまさき道さんの春野菜のスープは和だしに7種の春野菜
☆ベーカリーカフェChannanさんのカンパーニュ・バケット・メープルビスケット
☆自家焙煎香煎さんのブラジル豆ほろにがブレンドは工房シュロの器で頂きました。

 

姶良で姶良なりのおもてなしプレートにしました。
香煎さん、やまさき道さん、カナンさんも地域が良くなることに熱い。実は、非常に、アツい。そこで、せっかくなら「紙コップよりは土の器でその珈琲を飲みたい」「紙コップはゴミになるし」となり「できることなら協力させて下さい」と工房シュロの比地岡さんが言って下さって、ご自身の工房で焼いた器の数々を持って来て下さいました。蕎麦猪口とかもありましたが、全然良かった。

地域の人のつながりの中でイベントが開催出来たこと、感謝いたします。

近代建築研究所の山本さんが「地域コミュニティ」のこと、都市設計はそのつながりをデザインすることだとおっしゃっていました。
地域とのつながり、家族とのつながり、自然とのつながりを設計する建築家オノケン、COGITO、プラスD設計、ポココロデザインに3000万未来計画はご相談下さい。

つぎは4月21日、22日『アースディかごしま』にて何かしらできましたら・・・・・
まちなか森暮らしのこと、お話します。

はなし、できる?かな?

この記事をシェアする

この記事にコメントする

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CONTACTお問い合わせ